ココロ箱

場所: Centre les Bégonias (www.begonias.be)
rue des bégonias 55, 1170 Watermael-Boitsfort

親子*、家族、カップル、ご自身のために

このアトリエは普段の言語などのコミュニケーションだけでは伝えきれないメッセージを、
アートを通して感覚的に受け止められるようにし、
パートナー ※とのリレーションシップをより豊かに、よりスムーズしていく
遊び感覚満載のアート・アトリエです。

※ここでの「パートナー」とはご一緒に参加されるお子様、伴侶の方、またはことご自身のことを示しています。

1. アトリエの意図

• 創造する喜びを感じる、その喜びをパートナーと一緒にシェアする。
• 五感を刺激する(視覚・嗅覚・聴覚・触覚・味覚)
• 今、生きているという感触を実感する、感性や想像力を伸ばす、相手との妥協点をうまく見つける、相手を、また自分自身をよりうまく受け止められる。
• 相手と自分との違いを上手に理解できる(感覚や価値観、感性、ヴィジョン、イメージ、趣味など)
• いつもとは違う環境での関係を築く(「親子」「カップル」「友人」などの垣根を取り払い、お互い同じ人間同士として一緒にアトリエに取り組むことができる)
• アトリエの回を追うごとに、進歩を発見できる。
• 自分自身、またはお互いの関係性への新しい評価を生む。より高い自己・他己認識を産ませる

2. アトリエ構成の一例
以下の3ステップによる1回のアトリエの一例です。これを何回か繰り返し行っていただきます。

1:共同作業→ 2:個人作業→ 3:交流・(新しい関係との)出会い

準備 : 素材やオブジェ、空間との出会い
リラックスしていただくため、まずはアトリエ空間と、箱庭や、ミニチュアフィギュア、お絵かきの 道具をゆっくりと見ていただきます。そして、これから行うアトリエの説明を丁寧にしていきます。

ステップ1: 箱庭を作っていく(共同作業)
箱庭の世界をパートナーとご一緒に作っていきます。あくまでもゲーム感覚で。アーティストが 楽しく創造できるように常に付き添い、お手伝いいたします。 箱庭は想像で自由に作れる小さな世界。箱のなかでは日常生活の決まったルールはありません。 パートナーと一緒に妥協点を見つけながら、またはゲームのルールにしたがって、楽しくご自分 達だけの世界を創っていただきます。
※箱庭は、いつもの慣れた素材である砂と、すでに馴染みのある玩具やミニチュア玩具などを並べていくだ
けなので、アートという言葉に抵抗がある方でも、とても簡単に、素敵な世界観を表現できることが特徴です。

ステップ2 : 箱庭を元にしたフリーデッサン(個人作業)

紙の上に、パートナーとご一緒に創った箱庭から受け取った感覚を絵にしていただきます。箱庭の 世界をそのまま写し取る必要はありません。あくまでも受け取った印象で絵を展開していきます。 ※普通のアート教室とは違い、すでに自分自身で創ったモチーフ(箱庭)を元に絵を描いていくので、何を 描いたらいいなどの迷いなく、スムーズに作業に入っていただけます。

ステップ3 : 描いた絵を元に、簡単な自分だけの物語作り。その物語をパートナーに読み聞かせ。

箱庭→フリーデッサンの段階を経てきて受け止めた感性を、そのまま簡単な物語に落としこんで いただきます。絵本形式に絵の横に書いていただいても、小さなお子様などは口頭で語っていた だいても結構です。 その物語をお互いのパートナーに、出来上がった絵とともに読み聞かせします。

アトリエの締めくくりには、箱庭で出来上がった作品の写真、絵、物語を簡単にファイルしてい きます。そして数回アトリエを行ったあと、ファイルを見なおしてその進展と変化を一緒に見な おしていきます。

3.このアトリエの特徴
• アトリエで行われる、3ステップ(1:共同作業→ 2:個人作業→ 3:交流・(新しい関係との)出会い)を1シリーズとし、これを連続で行うことで、自分の気持ちの変化を外側から観察できる。状況に応じた柔軟な適応が可能なこと。各個人の一番楽にできる表現法を一緒に探し出していけること。
• 出来上がった箱庭や、絵、物語はあくまでもパートナーと、アトリエを進行するアーティストとのコラボレーション作品であり、自分だけで何とかしなければいけないなどの不安がなく、支えられているという安心感が持てること。
• アトリエはあくまでもゲーム感覚で行われること。いつもとは違った環境と状況で、現実の生活から離れて自己を自由に表現できる場であること。
• アトリエに使う素材は、普段の生活で見慣れているものばかりで、「アート」という慣れない垣根が全くなく、どなたでも安心してご参加いただけること。
• 行う作業や、表現方法は参加頂く方々に応じて、アーティストが柔軟に対応できること。(物語を作るのが苦手なら、絵だけにする、または絵を描くのが好きでなければ、粘土を使って作業をする、など)
• 数階のアトリエをファイルにし、それぞれのアトリエの特徴と、段階を追った変化や進展を、写真や絵、物語という自由な表現の形を通して、言葉ではなく、より感覚的に観察できること。

アーティスト紹介
尾島 裕(おじまひろ)・女性 アーティスト・アートセラピスト
1972年東京生まれ
子供の頃から絵が大好きで、日本でグラフィックデザイナーとして就職。7年間の職歴を 経て、もう一度アートを勉強するために、多摩美術大学に入学。 卒業後、パリのアーティスト・レジデンシーでプロのアーティストとして活動し、ベル ギーに移住。 6年前から、子供の創作アトリエをオープンし、現在もこどもアトリエと、アーティスト 活動を平行して続行中。
2015年、Haute Ecole Libre Bruxelles* にて、2年間の勉学に励み、ベルギーフランス 語圏公認のアートセラピーの卒業証を取得。
「アートには人の心を治癒する力がある」ということを自分自身の体験からも強く実感 し、専門知識をつけ、それをよりたくさんの人とシェアしたいと願っている。

*ベルギーではUniversitéとHaute Ecoleという2種類の卒業資格がありますが、どちらも日本で言う、大学 です。

メールでご予約をお願いします。 atelierアットマークplanetedesarts.com

グループアトリエ 14:00~15:30
土曜日:9月17日、10月15日、11月12日、12月10日

** 事前に必ずご予約ください。
** お子様だけの参加はできません。 必ず親かまたはその代わりになる大人同伴でお願いします。
** 最低4家族からのオープン。最高12人まで。
基本料金: €25/家族(1大人+1子供) 人数追加は一家族につき、5€/人

家族だけのプライベートアトリエ(予約制)
料金 :1時間~1時間半のアトリエ
1 – 2 人 / 60€ , 3 – 4 人/ 70€