アトリエのコンセプト

planetedesarts-color

このアトリエは絵や工作をただ「教える」お絵描き教室とはちょっとちがいます。

子供たちに表現豊かな人間になってほしい、

自分で感じ、考え、答えをだせるようになって欲しい、という願いから作られました。

現代の社会の中で、人間が本来持っている「生きる力」はとても大切な物です。

その力で、子供たちがこれから出会うであろう

楽しいこと、嬉しいこと、悲しいこと、大変なこと、嫌なことなど

たくさんの出来事を感じ、消化し、考え、乗りこえていくのだろうと思います。

自分の考えを思いのまま表現できることは「生きる力」です。

なぜならその「表現力」が周りの環境へ影響し、実際に物や人を動かすからです。

でももし、自分を自由に表現できなければ、その感情は体の中で消化不良をおこし、

ちがった形での表出となってしまいます。

私個人の考えですが、あふれかえる情報や物が簡単に得られるこの現代の社会で、

子供たちは囲まれている環境から自分の力で「感じとる」ことを少しあきらめてしまっているように思います。

やってくる情報を受け身で受け取り、

また求められている結果を、理由も考えずに出すように努力する。

しかしこれでは、実際に社会に出たときに自分の足で歩いていくことが

彼らにとって困難な事になってしまうように思います。

生きる事自体が「困難だ」と感じてしまう事はとても不幸な事だと私は思います。

子供は環境に自分を適合させる天才です。

ですからもし、子供たちが自分で考える事ができなくなってしまったり

感じる事ができなくなってしまったりしていたら、

それは彼らを取り巻く環境に問題があるかもしれないと一度問いただしてみても良いかと思います。

自分の力で生きることは、本来人間として産まれたからにはとても自然な事ですし

楽しく幸せな事であって欲しいと思います。

ですから、私たち大人を含めた子供をとりまく「環境」が、

彼らの本来持っている「生きる力」をもっと信じ、見守ってあげれば

彼らは自然に、自分の力で情報を選び、感じ、考え、表現することができるようになると思います。

実際に彼らが大きくなり、社会にはばたいた時、生きている事に喜びを感じ

自分のしている事に誇りと幸せを感じて欲しいなあ、と心から思っています。

*******

さて、実際にお教室でやることは、気軽な楽しいアートのお教室ですが、

常に自由に表現するための「環境」を整える事を忘れずにいたいと思います。

「環境」とは社会、人や学校、お天気、季節、音や光、感触、味など、あなたを取り巻くものすべてです。

それはすべてアートとして表現が可能です。

「アート・プラネット」という名前も、そんなすべてのアートになり得る環境に囲まれ、

暖かく支えられていることを感じる事ができるようになる、そんな惑星に私たちは住んでいる

という意味でつけましたし、表紙の絵もそんな想いで描きました。

さて、このお教室でできる「環境」作りは、実は生活の中のほんの一部です。

でももしも、このお教室から、そんな環境づくりが周りの人間にまでひろがっていったらいいなあ、と思います。

そして、私のこの想いに少しでも共感していただき、子供たちや自分にその機会を与えてあげたい、と思っていただければ幸いです。

アート・プラネット代表  尾島 裕

Publicités